スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lenny

  • Tue
  • 01:10
  • OS
***

:::Branch
Debian GNU/Linux 「Lenny」 のRC版がようやく出た。

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/11/14/019/

Lennyは、以前test版だった頃のものを触った事があったけれど、「Etch」に比べると大分使い勝手が良かった。

:::GUI
GUI関連は、Gnomeが2.2系に切り替わるので、αブレンドをデスクトップで標準サポートするようになる。
2.1系だと、そこそこのグラボ載せてないとこの機能が使えない。
w2kでも普通のPCで出来たことを何で今まで出来なかったのか意味が分からないけれど、これで少し見た目が綺麗に出来ます。

:::Looks
BSDとDebianて良く似てる。
Ubuntuやwin、macと違って、入れるもの入れないと一般ユーザにとっては普通に使う事すら厄介な点が特に。

その代わり、余分なモノが殆どないのでとてもシンプル。

:::softwares
拡張性に関しては、BSDは必要なものは(最新版にこだわらなければ)あらかじめローカルに全て揃っているけれど、Debianは必要なものは基本的にネットワークからパッケージを取得する。
インストールに関しては、BSDはローカルのportsからmakeする事が多いけれど、Debianはパッケージからバイナリをインストールする事が多い。

どちらが良いかというと、それは好き好き。

:::driver
ある程度この分野に慣れていると、BSDの方がディストリビューションが少ない分、ドライバ関係でトラぶらなくて良いのかもしれない。
(BSDというと、メジャーなところではFreeBSD , NetBSD , OpenBSDくらい。それに、カーネル周りの互換性もそれなりにあるだろうし…)
Linuxはディストリの裾野が広い分、カバーしている範囲も広いけれど、一応ディストリ毎の動作対応状況も頭の片隅に置かなければならないみたいなので少しめんどいか?

ちなみに、Solarisはアウト。
アレはドライバを構築できても、カーネルに登録するのが恐ろしく厄介。
バスのidを直接編集しなくてはならない。
失敗すると、OSが飛ぶ。
いつの時代だよ。

:::CUI
コンソール周りは、Debianはあらかじめある程度bashなどの設定が行き届いている反面、BSDは初期設定では完全モノトーン。
どこかから、設定例引っ張ってこないと目が痛くなる。

:::speed
明らかに、Debianが早い。
起動速度が倍くらい違う。
もちろん、カーネルをチューニングしたらBSDもそれなりだろうけれど、通常操作での応答速度もかなり違う。BSDは微妙なタイムラグがある。この違いはなんだろう?

:::robust
BSDは硬い硬い言われているけれど、自分はセキュリティに関してはさっぱりなのでどうなのかよく分からない。ただ、少なくともOSを入れる段階で全てのサービスの設定をがりがりチューニングできるのは流石。
この点では、Debianも相当硬いつくりになっていると思うけれど、Linuxは余計なソフトが標準でたくさん付いてくるので、何処に思いもよらぬ穴が空いているのかよく調べないといけないのかもしれない。
偏見だろうか?


こうして細かいところを見比べてみると、改めてBSDとDebianは設計思想が大分違うように思える。
Debianは、どちらかというとroot(管理者)よりも一般ユーザが使いやすいように出来ているけれど、BSDはrootがサービスを展開する向けみたいな感じがある。

どちらも使いこなせば変わらず、良いものだと思う。

そのようなわけで、BSDも良いけれどLennyには期待。

…って、あれ?
BSDの話などいつの間に…
スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://isle2.blog75.fc2.com/tb.php/11-8f875134
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カウンター

プロフィール

Hatabon

Author:Hatabon
日々精進。
基本的に管理人はゆるやかな人です。
コメントへの返信もゆるやかです。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

リンク

  • pagetop
Copyright © Hatabon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。