スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料のまとめ

ココ1ヶ月半頭を悩ませてならなかった学科の「演習2」の発表終了。
反応はぼちぼちだったので再発表にならないといいな…と期待して、本日は資料の整理をした。

今回の演習2は、まとまった成果を外に出した分、個人的には人生初の「研究」の様なものだった。
テーマは「他人の研究」の研究と、「他人の研究」の研究の仕方の研究。

如何にして他人の研究を理解し、分かりやすくまとめ、人に伝えるか。
その内容をまとめるにはどうすれば良いか。

最終的に発表用パワポとtexの概要4枚にまとまったが、期限付きという制限が一番体に応えた。
選ぶ論文間違えたかな、と何度思ったことか。
お陰で、今まで人から頂いた概要がどれ程重いものなのかも身に染みて分かった。

今回、作業中の進展は全て研究室のバージョン管理システムに投げており、タイムスタンプやリビジョン毎の変更コメントが残っていたので、作業のどの部分が難しいポイントなのかを明らかにする事が出来た。
それぞれの過去の印刷物とその修正箇所、リビジョン毎の変更差分はデータとして取ってあるので、細かく分析していけば何か傾向は見えるだろう。

ただ、今回は自分一人の傾向サンプルしか採れない上、コメントのフォーマットや修正のチェックの仕方に一貫性がないため、演習2のような作業から効率的に成果を出すための一般化手順までは導き出せなかった。
それが残念なところ。

結局、個人でノウハウをためる以上にはならないようだけれど、今後似たような作業をもっと効率的に行うための見識を身につけることが出来た。
また、ネットワークの特性解析のための方法を一つきっちり理解した。


本当に、前に進むのって大変。
人生少しずつ。


次は院試の準備。
遅れてるとかそんなレベルじゃない。
いい加減動かないと死ぬ。
社会的に死ぬ。

今週末、東大が研究室公開やっているので見学に行きます。
最近はインフラ方面に興味がわいてきていて、大規模なモノを動かすと言うことに惹かれております。
大規模な、極限なモノを動かすノウハウには技術的なノウハウが詰まっている。
このノウハウを学んで、もっと普通の生活にも生かせるようにしてみたい。
少し前まで全く興味がわかなかった、合成開口レーダーを使って人工衛星に接続などというイロモノにまで興味がわいてきている。

まぁ自分を良く知る人が端から見たら、タダの病気でしょう。
「身の程知らず」という病気。
でも好きなんだから仕方ない。
そういうもんです。

今のところ、目標は究極のインフラ「人工知能」。
知的処理を行う「上」の部分と、それらを支える「下」の部分の仕組みをガッツリ勉強して、出来ればその方面で飯を喰えるようになりたい。

ただ「技術で飯を食っていく」と言うことを除外して考えると、人の役に立つ、立たないはどうでも良いと思っている部分もある。
多分自分がイメージしているモノは「人工知能」ではないのかもしれない。
どちらかというと、生き物に近い。
いや生き物か?

まぁいいや。
どなたか、面白い研究をやってるところ知りませんか?
スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://isle2.blog75.fc2.com/tb.php/59-77904bf3
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カウンター

プロフィール

Hatabon

Author:Hatabon
日々精進。
基本的に管理人はゆるやかな人です。
コメントへの返信もゆるやかです。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

リンク

  • pagetop
Copyright © Hatabon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。