スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料のまとめ

ココ1ヶ月半頭を悩ませてならなかった学科の「演習2」の発表終了。
反応はぼちぼちだったので再発表にならないといいな…と期待して、本日は資料の整理をした。

今回の演習2は、まとまった成果を外に出した分、個人的には人生初の「研究」の様なものだった。
テーマは「他人の研究」の研究と、「他人の研究」の研究の仕方の研究。

如何にして他人の研究を理解し、分かりやすくまとめ、人に伝えるか。
その内容をまとめるにはどうすれば良いか。

最終的に発表用パワポとtexの概要4枚にまとまったが、期限付きという制限が一番体に応えた。
選ぶ論文間違えたかな、と何度思ったことか。
お陰で、今まで人から頂いた概要がどれ程重いものなのかも身に染みて分かった。

今回、作業中の進展は全て研究室のバージョン管理システムに投げており、タイムスタンプやリビジョン毎の変更コメントが残っていたので、作業のどの部分が難しいポイントなのかを明らかにする事が出来た。
それぞれの過去の印刷物とその修正箇所、リビジョン毎の変更差分はデータとして取ってあるので、細かく分析していけば何か傾向は見えるだろう。

ただ、今回は自分一人の傾向サンプルしか採れない上、コメントのフォーマットや修正のチェックの仕方に一貫性がないため、演習2のような作業から効率的に成果を出すための一般化手順までは導き出せなかった。
それが残念なところ。

結局、個人でノウハウをためる以上にはならないようだけれど、今後似たような作業をもっと効率的に行うための見識を身につけることが出来た。
また、ネットワークの特性解析のための方法を一つきっちり理解した。


本当に、前に進むのって大変。
人生少しずつ。


次は院試の準備。
遅れてるとかそんなレベルじゃない。
いい加減動かないと死ぬ。
社会的に死ぬ。

今週末、東大が研究室公開やっているので見学に行きます。
最近はインフラ方面に興味がわいてきていて、大規模なモノを動かすと言うことに惹かれております。
大規模な、極限なモノを動かすノウハウには技術的なノウハウが詰まっている。
このノウハウを学んで、もっと普通の生活にも生かせるようにしてみたい。
少し前まで全く興味がわかなかった、合成開口レーダーを使って人工衛星に接続などというイロモノにまで興味がわいてきている。

まぁ自分を良く知る人が端から見たら、タダの病気でしょう。
「身の程知らず」という病気。
でも好きなんだから仕方ない。
そういうもんです。

今のところ、目標は究極のインフラ「人工知能」。
知的処理を行う「上」の部分と、それらを支える「下」の部分の仕組みをガッツリ勉強して、出来ればその方面で飯を喰えるようになりたい。

ただ「技術で飯を食っていく」と言うことを除外して考えると、人の役に立つ、立たないはどうでも良いと思っている部分もある。
多分自分がイメージしているモノは「人工知能」ではないのかもしれない。
どちらかというと、生き物に近い。
いや生き物か?

まぁいいや。
どなたか、面白い研究をやってるところ知りませんか?

最近の煮詰まり具合

P1000055.jpg

毎朝ご飯が無いので研究室の炊飯器に期待。
明日の朝は研究室でご飯だ!

皆で色々モノを持ち寄ったところ、現在研究室には
・鍋 & 電熱プレート(IHみたいな奴)
・炊飯器 & 大量の米
・レトルトカレー
・冷凍ピザ
・冷凍チャーハン
・大量のカップめん
・乾麺
・電子レンジで暖めて食べるポップコーンの元
・様々な菓子類
・コーヒー・紅茶各種 & ミルクとまろやか砂糖オプション付き
・ミロ
・etc...

食料には困らないはず。
これでベッドがあればいう事はない…

* * * *

最近煮詰まっております。
原因はと言うと、学科の課題の演習2の発表準備。
そして今日はその演習2の発表練習がありますた。
自分は発表対象の論文の内容理解に苦しんでおり、結果として用意が間に合わず、発表内容が色々アウトの状態でした。
それでもどうにか最低限発表できたし、アドバイスも貰えて良かった…

しかし、こいつぁー発表準備全部やり直しだ。
これからが本当の地獄。
うぉぉぉ

とにかく今はモノを作って場数踏んで発表と言うものに慣れたい。
学問かそれに近い分野で飯を喰っていく道に進みつつある以上、何とか基礎作らないと。
道はまだまだ険しい。
そして、人から貰える助言は本当にありがたい。
うまく生かせるようになりたいなぁ…

* * * *

現在取り組んでいるもの:
「現代P2Pファイル共有システムの構造的でないオーバーレイ・トポロジーを特徴づける」

タイトルからして意味不なのが普通です。
専門用語の嵐 + グラフ10枚 + 表3枚 + 重要な式3つ + etc
演習2の発表の鉄則として、これを6分の発表に縮めて、表現を工夫して初見の人に分かるようにしなければなりませぬ。

発表下手の自分としてはめっさハードルが高いです。
頑張らねば。
この発表人生かかってます。
自分は人一倍物事に時間がかかってしまう特性があるので、うかつに再発表になってしまうと大学院の試験準備にも影響が出てきてしまう。

何が何でも一発で終わらせたい。
終わらせたいけれど、出来れば色々身につけたい。
時間と身につけられるもののトレードオフが目で見えるといいのに…という甘え。
見えたところで結果に影響を与えられなければ何も変わりませんが。

人生倒れるときは前のめりだゴルァー。

城ヶ崎の雨

城ヶ崎の雨


某店先に生えてた華が綺麗だったので思わず購入。
自発的には人生初かもしれない母の日プレゼントしてみた。
アジサイとか花がパラパラ落ちて扱いに困ると言うのを家に帰ってからから気づいた。

城ヶ崎の雨_アップ


そのうち庭に生えるらしい。

Neutral

#!/usr/bin/perl
require Hatabon;
open(OUT, ">> null");
open(IN, "< MemoryOfHatabon");
while(){
  print OUT $n_;
  if( "$HEALTH" < "$lifeGauge" ) {
    &break();
  }
}

ここ暫くこのような生活を送っておりましたが、GW入った辺りで少々疲れました。

以前はモノゴトを出力しようにも、基本がなってなさ過ぎると言うことで入力全開の生活を送っておりましたが、それもよろしくない。

前にも後ろにも向き過ぎずに生きていくことの何と難しいことか。
落ち着きたい。






ちなみに、上のプログラムを実行するとこんな結果が出ます。
Can't locate Hatabon.pm

諸行無常。

食事会と飲み会と

4/30と5/1で高校の放送委員会食と研究室飲みと外食続きになっております。
流石に懐が厳しくなるかと思いきや、なんと定額給付金キター。

少し潤ったので今月のCD買いました。
今度はイタリアンボサノヴァ。

リカルド・ボサノヴァ (仮)リカルド・ボサノヴァ (仮)
(2009/04/15)
ジャンニ・バッソ&イリオ・デ・パウラ

商品詳細を見る


劇ウマです。
馬鹿テクの変態プレイとかではなく、凄く聴き流しやすくてオサレな一枚です。
腰据えて聴いても良いです。
勉強のとき、適度に思考の隙間埋めてくれます。
自分も、空気みたいなナチュラルさで演奏できるようになれたらと心の底から思います。

そろそろサックスのマウスピース変えたいし、何より調整出したい…
まぁ実際のところ、今はサックスやってる場合ではないのですが…
好きなんだから仕方ない。
少ない時間でいかに集中できるかということで、最近は練習の仕方も変わってきております。
周りの人々が就活をやっていたり、学科の課題で良く先生から聞かれるという事もあって「何のために、どういう効果があって、具体的にどう変わること見込んで」今の練習をしているのか。
前よりも徹底して考えないと甘い部分がいつまで経っても直せない。
体に片端から必死に覚えさせるのも必要なんですが、結局、モノの良し悪しが決まるのはそこにかけた時間だけではないと言うことを痛感しております。

出来る人は、どんな時でも出来るんです。


* * *

変と言えば、昨日の飲み会で先生にインターフェース駄目人間認定受けました。
素でオワタ。

色んな意味でインターフェースが駄目だそうです。
これは腰を据えて何とかしなくては。
何かやっても何もやってないことと同じになってしまう。

カウンター

プロフィール

Hatabon

Author:Hatabon
日々精進。
基本的に管理人はゆるやかな人です。
コメントへの返信もゆるやかです。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

リンク

  • pagetop
Copyright © Hatabon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。